ドクターズ・コラム

2018.05.01 / ドクターズコラムについて

残念なお知らせ

院長の吉冨です。いろいろと尽力したのですが、クリニックの方針により6月から新規の硬膜外無痛分娩の受け入れおよび染色体検査をお受けすることができなくなってしまいました。

硬膜外無痛分娩に関しましては、当院では学会が推奨する診療体制案のほとんどをクリアすることができている、全国でも数少ないクリニックでしたが、現状を維持することが様々な理由でできなくなり、6月から新規希望者の受け入れをお断りすることとなりました。5月末までに無痛分娩の希望を申告している方は、今まで通り硬膜外無痛分娩をご提供いたします。怒りを覚えるほど残念ですが、周知のほどよろしくお願いします。

染色体検査に関しましては、当院ではしっかりと検査前の説明を行い、結果説明と今後の方針決定についても専門性と責任をもって取り組んでまいりましたが、これも無痛分娩と同様の理由で6月から新規での検査受付ができなくなってしまいました。

硬膜外無痛分娩も染色体検査もどちらも専門的知識と技術を要し、どこででもできる医療行為ではなく、この1年間で一からシステムを見直し胸を張って提供できる体制に仕立て上げることができていただけに残念でなりません。

これらの医療を必要としている妊婦さんは大勢いますが、しばらくの間、休止となります。ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご容赦のほどよろしくお願いいたします。

SHARE →

この記事を読んでいる方には以下の記事もオススメです